目が疲れているときは脳も疲れている?

疲れ目のときに目だけを休めてもあまり効果はありません。

こういう場合、得てして脳も疲れているので脳の疲れをと
ってやることで視力回復につながるのです。

脳の情報処理量のうち、視覚情報というのは膨大な量を占
めるので、パソコン作業というのは脳も酷使していること
になるのです。

それでは本日は脳の疲れをとる方法をご紹介いたしましょう。

タオルを1本用意して下さい。

両手でタオルの両端を持って、後頭部(ぼんのくぼのあたり)
に引っ掛けて、前方に引っ張ってください。

数回繰り返したら、今度は頭をハチマキのようにギューっと
縛って、フッと力を抜いて、またギューッと縛ってを数回
繰り返してください。

あまり力任せに縛りあげると頭がクラクラするので加減して
行ってくださいね。(笑)

何回か行っているうちに頭がスッキリしたような気持ちにな
るのに加えて、視界もくっきり見えやすくなるでしょう。

パソコンで疲れたなと思ったら、ぜひ試してみてくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
目っ、目がっーー、見える!?


posted by tukareme at 22:24 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甘いものはうまいでっけど、食べ過ぎは目に毒でっせ!

疲れたときには甘い物がほしくなりますが、摂り過ぎると目に
悪いということを知っていますか?

糖分というのは甘い物だけに限らず、インスタント食品やスナ
ック菓子にも含まれているので気をつけなければなりません。

甘い物を摂取すると、血糖値が急上昇します。
身体は血糖値を下げようと大量のインスリンを分泌します。

このように血糖値の上げ幅と下げ幅があまりにも大きいと
情緒不安定になり、集中力は低下し、記憶力まで低下する
と言われております。

このような状態が繰り返されると、インスリンの働きが低下し、
糖尿病や白内障の原因にもなりえます。

他にも血流が悪くなる食物として、脂っこいものや乳製品など
も摂り過ぎると血液がドロドロになりやすくなり、血管が詰ま
りやすくなると言われております。

視力低下の原因として血流が悪くなることが挙げられます。
視力を回復させるためには血流がよくなる食物を摂取しなけれ
ばならないということです。

それでは目に良い食物を2つご紹介いたしましょう。

@ブルーベリー
 ブルーベリーに含まれるアントシアニンという物質が目にい
 いということで、ヨーロッパのほうでは視力の果実と呼ばれ
 ております。疲れ目を解消し、視力回復、網膜剥離予防など
 の効果が期待できます。さらに目にいいだけではなく、血管
 を強化する作用もあるようです。
 赤ワインのポリフェノールが動脈硬化を予防することはあな
 たもご存じかも知れませんが、アントシアニンもポリフェノ
 −ルの一種なので血液をサラサラにして、血液循環をよくす
 る作用があるのです。
 糖尿病予防、緑内障や白内障の改善などの報告もあります。

Aイチョウ葉エキス
 イチョウ葉エキスも血液をキレイにして、血管を強化する
 働きがあるので痴呆防止になるとも言われております。
 イチョウ葉エキスを飲んだあとで、体温変化をサーモグラ
 フィで観察するとほぼ全身に体温の上昇が見られます。
 つまり局部的ではなく、全身の血流が促進されるというこ
 とです。

以上、2つの食品をご紹介しましたが、結論としては血流を
よくすることが視力回復には一番良いということです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
目っ、目がっーー、見える!?


posted by tukareme at 21:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首がこっとりゃせんかい?

パソコン作業を長時間続けていると、首に違和感が出てまいり
ます。いわゆる首こりというやつです。

首こりをそのまま放置すると、頭痛や眼痛を引き起こします。

本日は首こりを解消するトレーニングをご紹介しましょう。

@両手を頭の上に乗せましょう。
 そして首を右に傾けると同時に頭に乗せている両手で首が右
 に傾くのを阻止しましょう。首に負荷がかかることでしょう。
 今度は逆に首を左に傾けつつも、両手で左に傾かないように
 阻止しましょう。どうです?首がスッキリしたでしょう。

Aほおづえをつきましょう。
 今度はほおづえをついて、グッと下に負荷をかけましょう。
 これを2、3回繰り返してください。

B首をクルクル回しましょう。
 最後にほおづえをついた状態で首をクルクルと回してみましょう。
 左右両方に回してみましょう。

以上、3つのトレーニングをご紹介しましたが、パソコン作業で
首が疲れたなと思ったら実行してみてください。

きっと首が軽くなることうけあいですよ。


※トレーニング時の注意事項
◎肩の力を抜いてリラックスした状態でトレーニングしましょう。
◎長時間トレーニングする必要はありません。
 短時間でも充分効果が期待できるので、毎日トレーニングする
 ことに注力しましょう。(継続は力なり)
◎トレーニング中に眼球に違和感もしくは痛みを感じたときはすぐ
 に中止して眼科医に相談しましょう。
◎トレーニング中は眼鏡及びコンタクトレンズは極力外しましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
目っ、目がっーー、見える!?




 
posted by tukareme at 22:31 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。